口腔内を清潔に保つことは感染症予防にかなり効果的

歯科医院は感染症対策のプロ

歯科医院では昔から、受付以外のスタッフは基本的にマスクをしており、治療中はグローブをはめて、治療器具は患者さんごとに滅菌消毒を行なって治療にあたっています。
素手で道具に触れることはまず無いですし、治療後はきちんと消毒をして次の患者さんを迎えているので、感染症対策は常に万全の状態と言えます。むしろ、ようやく一般のお店が歯科医院レベルに追いついてきたとも言えるくらいです。
感染症対策にかけては最前線にいるとも言える歯科医院は、今さらに感染症対策を整えているので、これ以上ないくらい安全な場所と言えるでしょう。
感染症が怖くて歯科医院に行かない、というのは、お口の健康状態を悪くしているので、かえって感染症のリスクを大きくしていることにもなりかねません。

歯科医院で行われている感染症対策

今までも歯科医院で行われてきた感染症対策は、手指消毒、器具滅菌、マスクとグローブ着用など、全てスタッフ側が行ってきました。
しかし今は、手指消毒とマスク着用は患者さん側にも義務として受け入れられています。これらは他のお店でも今や普通のことで、歯科医院に限らずほとんどのお店で行われてきていることです。
しかし歯科医院はさらに徹底しており、患者様のエプロンは使い捨ての物を使い、治療に使ったタービンという機械までも一回ずつ滅菌し、患者さんごとに使い分けています。
さらに、これまでお口の中にしか使用していなかったバキューム(唾液を吸い取る機械)に加えて、お口の外に飛び散るお水や唾液までも吸い取れる口腔外バキュームも設置している歯科医院が増えてきています。
これにより、周囲の空気感染は防げる為、マスクをせずに口を開けるリスクも回避できているので、安心してクリーニングも受けられるのではないでしょうか。



TOP